大学の時バイトで塾講師やってたけど、生徒のJCにイマラチオ出来たのは最高だった。


4年前だが、塾講師のバイトをしている時に生徒にフェラ抜きされた。

スペックは以下俺:大学2年 170/80 彼女いない暦=年齢 ややオタ 相手:中学3年 150くらい 色白 セミロング黒髪 真面目系  大場はるかにちょい似てると最近思ったので名前は「はるか」としとく。

最初は俺が大学1年のときに塾で出会った。

当時は多少かわいいと思ってたがまだまだガキっぽくて欲情しないタイプ。

それが中学3年になって一変。

スカートが短くなり胸ははだけて、顔が突然色っぽく見えるようになった。

脳内でかわいい子ランキングをつけてたが、高校生を入れてもこの子がダントツ1位。

でも童貞の俺はエロ視線を送って妄想するだけだった。

その位の時期には、授業を教えていたこともあって話くらいはできるようになっていた。

次の日。

待ち合わせ場所でいつもと同じ制服のはるかと出会った。

マックで腹ごしらえをしてどこに行くか妄想していると、「先生って、いつもはるかのことHな目で見てるでしょ?」と言われた。

図星だったので反論できないでいると、「お小遣いくれるならさ、口ならいいよ?」と簡単に言ってくる。

何も考えられずに即OKし、金額交渉。

1回限定で1枚、休憩時間無制限だと2枚だったので2枚を選択。

高いような気がしたが、今回を逃したくなかったので払うことにした。

ホテルは行ったことがなかったが、はるかがいつも行っているホテルがあり、そこへIn

部屋に入るとまずお湯をため始めた。

その後お金を請求され、2枚渡す。

お風呂がたまるまで談笑タイム。

中学1年に初体験しそれからフェラ援助していること、援助も何回かしていること、彼氏がいないこと、援助はお金がなくなったらお金くれそうな相手をみつけてやる、ことがわかった。

自分は初援助だと言い、中学生は初で多少興奮していることを話した。

この時点で大分勃起していることも言い、「もう大きくなってるの?」と笑われた。

ここで話したことにより緊張は大分とれ、リクエストを出せるようになった。

しばらくしてお風呂がたまり、一緒にお風呂に入ることを提案してOKとなった。

はるかは中学生っぽいロリ体系で胸はあまり無いように思えた。

まずは2人で浴槽につかり、浴槽でチンポを触ってもらう。

勃起しても皮が被っていて、「皮多いねー」と笑われた。

ボディソープでも洗って貰いフル勃起。

次にフェラ。

今まで未経験の感触で3分もたずに発射しそうになり、やめてもらう。

「早すぎ」と馬鹿にされるも、「はるかちゃんが上手すぎるんだよ」と言っておく。

この後ははるかのロリ体系を堪能し、あがる。

あがった後は制服をリクエストし、フェラをしてもらう。

「やっぱり普段からこんなこと考えてたんでしょー」と笑われるも、フェラをしてくれる。

制服を着ていると全裸以上に興奮し、すぐに限界がくる。

「でるよっ」といい、射精準備に入るとはるかは今まで以上に吸い付いてくる。

口で全部吸い取ってくれ精子をティッシュに出していた。

「やっぱり早すぎるよね?」と馬鹿にされるが、初フェラで反論どころではなかった。

「まだ終わらないよね?」とお掃除フェラ。

当然すぐにフル勃起。

こっちの話も聞かずにまだまだしゃぶってくる。

僕が気持ちよすぎて喘いでいるのを上目遣いで見ながらだんだん激しくしてくる。

2回目なので1回目よりは長持ちしたが、すぐに発射してしまった。

「気持ちよかった?」と笑いながら聞いてくる。

連続でいかされてしまい、返事をする状態ではなかった。

はるかのフェラを見ると限界だと思っても勃起してしまうので、僕を勃起させて手コキをして面白がるを繰り返し、何度も射精させられた。

流石に何回もチンポで遊ばれて限界になり休憩時間は終了した。

最後に、「もっとお金くれたらはるかとHさせてあげるよ?」といわれ、次の機会にHもさせて貰え、童貞喪失もできた。

H自体はフェラより感じなくて、結局またフェラがメインになってしまった。

童貞だということもばれていたみたいで、「はるかに童貞奪ってもらえてよかったね」と馬鹿にされてしまった。

この後はフェラをメインではるかとやっていくことが出来てラッキーな結果でした。

という妄想でした。

おわり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加