小坊の時、検査だとか行って、女講師に男子全員が全裸にさせられた体験談。


小5の夏に塾の先生にエッチなことをさせられていた話

基礎をもう一度みっちりやるべきだと親が言われたらしく、

夏期講習の特別クラス以外に、

基礎算数・基礎国語を受講で、基礎コースの受講生は俺一人

エロ講師(以下先生)は基礎国語担当声も小さくおしとやかで、若くて綺麗な先生だったんだけど、

生徒俺一人のその授業の時だけは、胸元はだけさせてブラ丸見えだったり、ノ

ーブラだったり、年上に興味がなかった当時は、正直キモイと思ってた

その塾は小さな進学塾で、同学年の生徒も10人程度

夏休みってこともあって、昼の12時頃にはメイン講習終了、

午後1時頃から個別コースっていうカンジだったんだが、

個別コースをとってる生徒は少なく(別階の6年生でも3人程度)、

午後は同階の全ての教室がガラ空きだった

はじめの2、3日は誰も居ない教室で昼休みを過ごしたが、その後、先生が昼休み中に来て、

一緒に昼ご飯を食べたりするようになった

そして数日後のある昼休み、上の階の6年生が渡しに来たラブレターがきっかけで、

(内容は「○○君スキスキ大好きキスしたい、私と付き合って!」というもの)

先生は一気に変態化

その時の先生の言葉は鮮明に覚えてる。

「あの子のこと好き?」(好きなわけないじゃん、あいつ誰だか知らない)

「付き合うってどんなことするか知ってる?」(デートとかでしょ)

「キスしたいんだって」(超気持ち悪い)

「そんなに気持ち悪くないよ」(やだよそういうの)

「したことあるの?」(ないし)

「ないのに何でイヤだと思うの?」(なんかヤダから)

「ねぇ、先生とキスしてみようよ」(・・・俺絶句)

その言葉に驚いて身動きも出来なかった

俺に、先生は軽くキスをするただ真っ赤になる俺、

ドアの鍵を閉めるとさらにディープなキスをしてくる先生

「ねぇ、おっぱいとか触ってみたい?」(えっ・・・)

先生は俺の手を取り胸元に滑らせ、

「柔らかくて気持ちいいでしょ?おっぱいもイヤ?」(うぅ・・・)

「ほら、もっと触ってみて」

と言いながら、俺の顔を両胸で挟み、頭を撫でる

「○○君かわいい・・」

その日はひとまずそれだけでコトは終わったが、次の日から先生は、

「またおっぱい触ってみる?」に始まり、

「おっぱい舐めるのはイヤ?」

「ちょっと脱ぐね」

「ほら見て」なんてことや、俺の手を取りスカートの中に突っ込んでアソコをゴシゴシしたり、

俺のアソコをズボンの上から撫で回す等、

完全なエロ講師に変貌講習は3週間ほど続いたが、

昼休みにはほぼ毎日先生のエロ行為につき合わされ、

最後には俺はアソコを舐めさせられてすらいた

今思えば、本当にありえない女だったし(普通に犯罪者だから)、

これでトラウマにならなかった俺も凄いと思う

まぁ今でもたまに思い出しては自慰に耽ったり、また会いたいなぁなんて思ってるが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加