キャンプ場で会ったJCちゃんとキスしまくって、首筋と胸にキスマークつけまくった思い出。


このあいだ埼玉の奥地の方に遊びに行きました。

その日は某キャンプ場に泊まることになっていました。

客は私以外に中学生くらいの団体が来ているだけでがらがらでした。

中学生は男女半々で全部で20人くらいです。

その中学生の中の一人に私は目を付けました。

黒髪ショートヘアで色白のほっそりした広末風の子です。

管理小屋のホワイトボードを見ると彼女達は昨日から来ていて明後日までいる予定みたいでした。

私は決行をその日の夜に決めて下準備を始めました。

彼女の泊まっているテントや女子トイレの位置、風呂の場所などを調べあげ、

万が一の時のためバイクを入り口のそばに隠して置きました。

彼女のテントは緑色の家型テントでそのテントには他に4人女の子がいました。

4人いるのが難点でしたが各テントが離れているのが希望でした。

夜10時になると、ようやく彼女らは夕食を済ませて就寝しました。

私は自分のテントの中でジリジリとしながらもじっと堪えていました。

彼女たちが熟睡するのを待っていました。

安全のために1時まで待つことにし、その間に彼女を犯す想像をしていました。

待望の1時になりました。

私は音を立てないようそっとテントから出て彼女のテントに忍び寄ります。

葉や木の枝はそんなに音をたてないのですが途中砂利道があり、多少音を出してし

まいました。

起きてたりするかな、と不安でした。

なにしろ若い子はこういうときは夜更かしするもんだと思っていました。

だけど彼女らは寝ていました。

テントの裾をそっとあげて様子を見ます。

中は真っ暗で寝息が聞こえるだけです。

しばらく見ているうちに目が慣れてきました。

彼女は手前から二番目にいます。

シュラフを枕代わりにしています。

白い顔だけがぼやっと光っているようでした。

私はあらかじめ考えていた作戦を決行しました。

といっても彼女の股間部にペットボトルの水をかけてあげるだけです。

あとは外で待ち受けるだけ。

非常に簡単で安易ですが効果的です。

外のトイレの陰に隠れていると彼女は予想通り出てきました。

手に袋を持っているので、着替えようとしているのでしょう。

しばらく彼女を観察します。

私の予想ではトイレに入るか、洗面台にいくかです。

彼女はトイレの方に向かいました。

股間のあたりが遠目から見ても張りついていて歩きづらそうです。

私は彼女の後ろからちかづくと優しそうに声をかけました。

「どうかしたの?」驚いた彼女が振り向きました。

「あ、もしかしておねしょ?」

私は彼女に何かを言わせる前に先制しました。

そして視線を彼女の濡れた股間に向けます。

これで彼女はパニック状態です。

あとは「早く着替えちゃいなよ」とかいいつつ、女子トイレの個室に彼女を押し込み、

「拭いて上げる」といって彼女のパジャマのズボンを下ろしました。

白いパンティも陰毛を透けさせています。

彼女は私にされるがままでした。

顔を見ると赤くなって泣きそうです。

こんな所を見られて恥ずかしいのと突然夜中に知らない男の人に言い寄られて恐ろしいのが涙の訳っぽいです。

耳元で、みんなには秘密にしといてあげるから、というと泣きだしました。

どうやら私をとても怖がっているみたいです。

私は相手にしないで上着も脱がしてスポーツブラをずらしました。

細いからだに似合いの小さい可愛い胸です。

乳首に食いついてちゅうちゅう吸いました。

右手は彼女の縦て筋を弄り、左手でもう一方の胸掴みました。

トイレの中は細かい虫が飛び回っているし、ボットンで臭いのですが

私は彼女の柔肌に夢中でした。

彼女の真白い肌は強く握ったり、ちょっと吸うだけで赤く痣が残ってしまうので

す。

私は彼女を痣だらけにしてやろうという気になっていました。

首筋から頬に登って、肩におりて乳をしゃぶり臍まで彼女の上半身をいたぶり尽く

しました。

そして段々と彼女のおまんこも濡れてきていました。

最初は全然だったのにいつの間にかパンティの上からでも分かるほどにグチグチになっていました。

よく彼女を観察しているとクリのところとかを指がなぞると微かにピクッと反応しています。

彼女は密かに感じていたのです。

私は、エッチなんだね、とささやきパンティの中に指を入れました。

生で触る中学生のおまんこは熱い液がぬるっとしていて指もするっと入ります。

中を思いっきり掻き回してやり、乳首も舌で潰してやると「はあぁ・・うぁ・・」

とか声を出し始めました。

そのいやらしい可愛い声を聞いて私は我慢できなくなりついに彼女を犯しました。

彼女は処女ではありませんでした。

全く手応えなく私のチンポが入ってしまったのです。

あせって中途半端にしか下ろしていなかったパンティのせいでやりにくかったで

す。

彼女を壁に押しつけて叩きつけるようにして犯しました。

ゴムなんかつけていないので彼女の熱い肉の感触が直に伝わってきます。

私はずっと入れていたい、彼女を犯し続けたいと思いました。

が、あっという間に彼女の中に射精しました。

私が射精し終わっても彼女は目尻に涙を浮かべ、激しく息を吐きながらぐらぐら揺れていました。

私は射精が終わってもしばらく抜かないでいました。

彼女は全身を真っ赤に染め抜いて汗でまみれていました。

彼女の身体のあちこちに、犯しているときに私が力を入れて掴んだりしたので手形が残っていました。

キスマークも友達と一緒に風呂に入れないくらいについています。

その後、落ち着きを取り戻した彼女を宥めつ脅しつしてフェラをさせ、色々聞き出しました。

初体験はこの前彼氏とした、今までのセックス回数は2回だと言っていました。

悔しかったので

彼氏じゃない人とエッチしちゃったねええ。

しかもあんなに感じちゃってさあ。

と意地悪く言うと、ガクッとうなだれてしまいました。

年は14だそうです。

名前は意地でも言おうとしませんでした。

ちょっとこずいても言わなかったので諦めました。

最後にキスを無理矢理して解放して上げました。

(キスも凄く嫌がった)

ホントはもっと滅茶苦茶にしてやりたかったのですが、私は年のせいで一回が限度

だったので諦め、暗いうちに逃げるようにしてキャンプ場を立ち去りました。

色白が美少女の一要素と考えている私には95点の獲物でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加